概要OVERVIEW

 当事務所は、多様な企業不祥事対応等を行ってきた弁護士小池信人と、独占禁止法(競争法)を専門とする弁護士柏木裕介が、2018年10月に共同で設立した法律事務所です。

 小池弁護士は、企業法務を主たる業務とする法律事務所で9年間勤務した後に独立し、個人事務所を開業しました。弁護士として20年間が経過した現在までの間、様々な企業不祥事対応・コンプライアンス問題を担当したほか、会社法・コーポレートガバナンス・商法・民法・独占禁止法・知財法・労働法を中心とする企業法務、訴訟(民事・商事・刑事)、倒産(破産管財人、破産手続・特別清算申立、取引先の破綻対応ほか)、不動産取引・紛争、百貨店・ホテル・メーカー関連、スポーツ・エンターテイメント分野(マネジメント・エージェント・イベント契約等)、医事法、複雑大規模な相続・借地権紛争等の一般民事を得意とします。

 柏木弁護士は、法律事務所で訴訟(民事・商事・刑事)を中心に研鑽した後、公正取引委員会において審査専門官主査として4年間勤務し、マイクロソフト事件、ニプロ事件、着うた事件といった重大事件で中心的役割を果たしたほか、多数のカルテル・談合事件を担当しました。また、弁護士として初めて公正取引委員会・企業結合課へ勤務し、株式取得の事前届出制等に関する独占禁止法第4章・企業結合規制の法律改正を1年間担当し(平成21年改正)、改正条文の起草や内閣法制局との法文折衝を行ったほか、重要な企業結合案件の審査を担当しました。その後、大規模法律事務所において10年間(うちパートナーとして7年間)勤務し、国際カルテル、国内カルテル・談合、私的独占、不公正な取引方法、企業結合(M&A)案件の主任を多数担当しました。弁護士として20年間が経過した現在も、独占禁止法(競争法)、企業結合(M&A・合弁・業務提携)、広告法・景表法、下請法、海外競争法、公正取引委員会対応、消費者庁対応、検察庁対応、米国司法省・EU競争当局等の海外競争当局対応を専門分野とし、定性・定量両面から実務的な助言を行っております。また、多様な産業分野におけるコンソーシアムの法律顧問を多数務めているため、独占禁止法と知的財産権法の交錯分野(フォアグラウンドIP・バックグランドIP、ライセンス条項、クロスライセンス、パテントプール、FRAND、共同研究開発、技術研究組合、各種協業、産学連携、海外コンソーシアムとの連携等)についても豊富な経験を有しおります。さらに、主に顧問先クライアントからの契約法務(各種契約の作成およびレビュー)、会社法・コーポレートガバナンス、M&A(業務提携・合弁)、知財法務(特許法、著作権法、不正競争防止法、ライセンス等)、労働法務、各種コンプライアンス・リスクマネジメント・ガイドライン規定、役員研修等の一般企業法務に関連する大小のご相談に対しても、日常的にサポートを行っております。

 当事務所は、各弁護士が日々研鑽し協力・補完しあって、質の高い法律業務を提供することを基本理念としております。

We are a law firm jointly established in October 2018 by lawyer Nobuhito Koike, who has dealt with various corporate scandals, and Yusuke Kashiwagi, a lawyer who specializes in antitrust law.

 Koike began his career as a private office after working for nine years at a law firm whose main business was corporate legal affairs. Until now, he has been in charge of various corporate scandals and compliance issues, as well as corporate law, litigation (civil, commercial, criminal), centered on company law, corporate governance, commercial law, civil law, antitrust law, labor law, bankruptcy (bankruptcy trustee, bankruptcy procedure/special liquidation petition, dealing with bankruptcy of business partner, etc.), real estate transaction, department store/hotel/maker related, sports/entertainment field, medical law and complicated large-scale inheritance/leasehold dispute, etc. He is good at general civil affairs.

 After studying mainly in litigation, Kashiwagi worked for 4 years as a chief investigator for the Japan Fair Trade Commission, playing a central role in serious cases such as Microsoft cases(Unfair Trade Practices) and Nipro cases(Private Monopolisation), as well as numerous cartel and rigging cases. Also as a lawyer for the first time, he worked for the  Japan Fair Trade Commission/Business Combination Division (jointly appointed with the Investigation Bureau) and was in charge of legal revision of Chapter 4 (Business Combination Regulation) of the Antimonopoly Act for one year. In addition to negotiating with the Cabinet Legislation Bureau, he was in charge of reviewing important M&A/business combination cases. After that, he worked for a large-scale law firm for 10 years (7 years as a partner), and was in charge of international cartel, domestic cartel/rigging, private monopolisation, unfair trade practices, M&A/business combination cases . In addition, he is giving practical advice  regarding large and small consultations related to Antimonopoly Law(antitrust law, competition law), the Act against unjustifiable premiums and misleading representation, overseas competition law, crossing fields of antitrust law and intellectual property law (license, patent pool, consortium, FRAND), etc. 

 Our firm's basic philosophy is to provide high-quality legal services by cooperating with and complementing each lawyer on a daily basis.

 

事務所名 小池・柏木総合法律事務所 (KOIKE&KASHIWAGI LAW OFFICE)
代表 小池 信人(Nobuhito Koike)  柏木 裕介(Yusuke Kashiwagi)
所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-16 ぶよおビル 8階
TEL 03-6910-3987
FAX 03-6910-3988
E-mail 【小池 信人】nkoike@ksogolaw.jp
【柏木 裕介】ykashiwagi@ksogolaw.jp

アクセスマップ

【最寄駅】
日本橋駅 B1出口より徒歩2分
東京駅 八重洲地下街23出口より徒歩3分